スケジュール管理はしっかりと

転職は、内定から出勤までのタームが短いことが多くなります。その短い期間の中で、新しい業務に関連する予備的な情報の収集をしておくと良いでしょう。今まで経験していた職種であっても、取扱うものや取引相手も違ってきますので、最低限の情報として把握しておくべきです。経験なしで入社していたとしても、社会人経験のある大人として事前の準備をしている事は要求されていますので、手を抜かない様にして下さい。特に試用期間が設けられてる場合は、ここでの評価次第では契約を打ち切られてしまうことにも連結しますので、採用してもらえたからと思って安心してはいけません。


加えて、企業のHPに書かれている今後のスケジュールを調べておくと良いでしょう。総務などの方に就業規則を予め渡してもらい、確認する時間を省くこともできます。それから、入社の際には、渡さなければならない一定の書類が存在します。書類についての知識が常識であると判断し、指示されないケースもあるので、最低、雇用保険被保険者証、年金手帳、源泉徴収票を持っていきましょう。加えて、指示された物がある場合にはそれもきちんと揃えましょう。

cap image


在職中の人が転職する際には、退職する日が延びてしまうというケースがあります。引き継ぎ等を速やかに完了させなければ前職の会社にも迷惑となりますので、しっかりと計画しましょう。退職の挨拶廻りの際には、先方との日程調整が必要です。相手の都合も有りますので、なるべく早めに連絡をすると良いでしょう。

その際には引継ぎ相手の同席も必要になりますので、社内の日程調整も抜かりないようにしましょう。相手を評価する際には、そのほとんどが第一印象で決められると言われています。入社の初日に遅刻することは絶対にしてはダメなので、事前に交通チェックをし、早めに出発する様に心がけて下さい。入社初日の印象は今後の勤務に影響を与えてきますので、しっかりとした準備を心がけましょう。